2017年6月23日 今日は何の日?:オリンピック・デー
誕生日の有名人:水野忠邦(江戸幕府老中:1794年)
(3)「三太物語」の本(2002年10月1日発行の「三太かーど」チラシに掲載)
 津久井を舞台にした「三太物語」について、若いかたは、ほとんどご存知ないと思います。いくら地元とはいっても、知っているのは40歳以上、いや50歳以上でしょうか。

 知っていただくには、「三太物語」の本を読むのがいちばんです。

 青木茂による“三太”の物語が初めて世に出たのは、1950年に始まったNHKのラジオ・ドラマより前で、1946年8月のこと、「かっぱの三太」というタイトルで、児童雑誌『赤とんぼ』に掲載されました。この雑誌に連載された作品などをまとめて、最初の単行本『腕白物語三太武勇伝』(光文社)は1948年に出版されました。

 それ以後、三太の物語の本は、1983年に刊行された『三太の日記』(ポプラ社、現在は品切れ)を最後に、合計29種類出ています。もちろん、出版社がかわっても内容が同じだったり、まったく同じ内容の本が、装丁だけ新しくなっていたりもします。

 29種類もの本が出てはいますが、現在、書店で買えるのは、偕成社が出版した『三太物語』(1977年刊)だけ。ほかはすべて品切れ状態(たぶん絶版)です。ということは、この偕成社の本がなくなってしまうと、もう世の中に「三太物語」が存在しないことになってしまいます。

 実は1ヵ月ほど前、そんな心配が現実のものになりかかっていました。偕成社版『三太物語』が品切れ状態となり、出版元は重版をためらっていたのです。そんななか、「三太かーど」組合の要請によって、なんとか特別に重版していただくことが決まりました。

 そんないきさつもありますので、今回の「三太かーど」が原因で“生き返った”この『三太物語』を、ぜひご覧になっていただけたらと思います。

*偕成社版『三太物語』(本体価格1000円)は、山本書店ほか主な加盟店でもお求めいただけます。
三太かーど協同組合
相模原市緑区中野1029
TEL:042-780-7383
FAX:042-780-7384
  >>メールでの問い合わせ
管理用:ID  PASS